送りドライバーの仕事内容はとてもシンプル

夜のお仕事、いわゆるナイトワークで男性が活躍できる場の一つとして注目したいのが、キャバクラの送迎ドライバーのお仕事です。
どんなお仕事なのかは容易に想像ができてしまうと思いますが、そう、キャバクラで働く女の子たちを自宅まで送り届ける、そんなお仕事となっています。

仕事内容は基本これだけ。
とてもシンプルですよね。
お客さんの相手はしなくてもいいですし、もちろんお酒を作ったりなどする必要もありません。
仕事を終えたキャバクラ嬢を車に乗せ、それぞれの自宅まで送ればいいだけですから、何も難しいことはないのです。

送る人数はお店によって違います。
キャバクラの送りドライバーは各店舗に何人もいることが多く、それぞれが分担してキャバクラ嬢を送り届けることになるでしょう。

送迎ドライバーが不足しているお店では、同じ男性が一度キャバクラ嬢を自宅に届けてからお店まで戻り、第二便として再び残ったキャバクラ嬢やお店のスタッフを自宅まで送り届けることもあります。

実働時間は3時間から5時間くらいですね。
ただ、これはお店からどのくらいの距離にキャバクラ嬢の家があるのかによっても違ってきますし、何往復するのかによっても働く時間は変わってきます。

【気になる給料は?】


運転する以外の仕事はある?

正直、運転する以外の仕事内容というのは、ほとんどありません。
ただ、それに関係する仕事として、道を覚えなければならないという義務は出てくるでしょう。

義務というとちょっと重い気がしてしまいますけど、道を早く覚えないとキャバクラ嬢やスタッフに怒られてしまう可能性大。
相手は一仕事終えて疲れている人たち。
それぞれのキャバクラ嬢の自宅までの道順を覚えて効率よく運ぶというのは、キャバクラの送迎ドライバーにとって重要な仕事の一つなんです。

時々キャバクラ嬢の話し相手をしなければならないというのも、キャバクラの送迎ドライバーの仕事内容に含まれるでしょうね。
女の子たちに話しかけられているのに無視するなんてあり得ませんから。

ナイトワークで働く女性の独特の雰囲気、これにも早めに慣れて、上手に対応できるようになって初めて一人前のドライバーになったと言えるでしょう。

でも、基本は運転するだけのお仕事なのでとても簡単ですし、ナイトワークの一種ですから、そこそこ稼ぐこともできます。
興味があるなら、とりあえず求人でも漁ってみましょう!

【副業にもおすすめ★】

働く前に覚えておこう!送りドライバーに必要なもの

ドライバーに必須の運転免許と車

「キャバクラの送迎ドライバーって楽そうだし、楽しそう!」と少しでも思ったのであれば、ぜひチャレンジしてみましょう!

と、その前に、この仕事に応募するにあたって必要なものをピックアップしておきます。
ここで挙げるものを持っていなければ採用されることもないので、自分がその必要なものを備えているかどうかを今一度確認しておいてください。

まずは、運転免許。当たり前ですよね、車を運転するわけですから。
免許証をなくしていてももちろんダメですし、更新を忘れていてもダメ。
ちゃんと有効な運転免許を持っているかを確認しておきましょう。

そして自分が自由に使うことができる車、これも送迎ドライバーとして働くためには必須です。
貸し出してくれるお店もありますが、大半は自分の車を使用するように言われますから、これも事前に確認しておくこと。

自分の車を使用する場合、車検が切れていないか、不具合がないかなどはチェックしておかなければいけません。

絶対に持っていなければならないのは、この2つ。
「キャバクラ店でドライバーやってみようかな」と思った時点で大丈夫だとは思いますが、一応頭に入れておきましょう。

運転技術が高いに越したことはありません

運転免許と自由に使える車があったからといって、運転が上手いとは限りません。
これは絶対に必要なものというわけではないですが、運転技術が高いに越したことはありませんよね。

人を乗せて運転するお仕事です。
自分ひとりが乗るわけではありませんから、安全に運転できるだけの技術、乗っている人を不快にさせないだけの技術は持っておきたいところ。

猛スピードで道路を駆け抜けるような、そんなF1ドライバーのような運転技術は必要ありませんが、事故を起こさない程度の技術は持っていなければいけません。

送迎ドライバーの仕事へ応募すると、おそらく面接時に「運転歴は?」とか「これまで事故を起こしたことは?」などと聞かれるでしょう。
そう聞かれた時に、運転歴も事故歴に関しても全く問題がないと自信を持って答えられるくらいであればOK。
おそらく採用されることになるはずです。

もしここに挙げた「送迎ドライバーとして必要なもの」がまだ揃っていないと感じるのであれば、それらをしっかりと揃えてから応募するようにしてください。

【求人を探す】