ドライバーの平均給料を紹介

ナイトワークで働いてみようと男性が思う時、おそらくそこには、「お給料がいいから」という理由もあるのではないでしょうか。

キャバクラ嬢たちを車に乗せて送る役目を持つ送迎ドライバーのお仕事ですが、これもナイトワークの一つですから当然給料が高いはずだとイメージしていることでしょう。
金銭感覚は人それぞれであることを踏まえても、送迎ドライバーの仕事は決して稼げない仕事ではありません。

ただ、キャバクラ店内のホールなどと比べると自由度が高い分、少し安くなっている点は頭に入れておいてください。

多くのお店で日給制を採用しています。
その額は5,000円から7,000円ほど。平均すると日給6,000円くらいではないでしょうか。
実働時間は3〜4時間ほどとしているところが多いです。
これを考えると平均日給6,000円というのは、そこまで安くはないはず。

中には8,000円や1万円といった高額設定のお店もありますし、仕事内容が車を運転して女性たちを運ぶだけであることを考えても、やはり割りのいいお仕事には違いありません。

送迎ドライバーのみで生計を立てている男性は少ないでしょう。
それでも、副業として考えるのであれば十分に価値があります。
曜日も選べるお店がほとんどですから、働きやすさは大いに感じられるはずです。

求人をチェックする時の注意点

上では平均の日給の額と、このお仕事の割りの良さを紹介しましたが、実際に求人を探して応募する際には気をつけておかなければならない点があるので、ここではそれを説明していきましょう。

もっとも注意したいのは、ガソリン代の扱いです。
お店の求人を見ると、これについて記載しているところもあれば、一切触れていないところもあります。

触れているところはほとんどが「ガソリン代別途支給」となっているのですが、これはもちろん、お給料とは別に使用したガソリンの代金を受け取れるということです。

もし興味があるお店を見つけたけれどもガソリン代について一切触れていないのであれば、必ず採否が決定する前に確認しておきましょう。
給与とは別にこれが支給されるのとされないのとでは大違い。
下手をすれば1日分の給与の半分近くがガソリンに消えてしまいます。もったいないですよね。

また、これもお店によりますが、「高速代別途支給」と求人に書かれているキャバクラもあります。
これはとても親切。
この点も応募時でも面接時でもいいので必ず確認しておきましょう。